フェースローテーションについて

フェースローテーションと言うものはフェース面の回転のことを言うものであります。
肩甲骨を回転させるのをフェースの回転と言って、シャフトの回転にフェース面の回転がプラスされる事がスイングからのショットにおいては非常に重要な事なのであります。
これがシャフトの回転だけで打ってしまう事になると、それはもう非常に弱々しいスイングになってしまい、体力が同じであるという人で、飛び方やその飛距離にも違いが出てきてしまうのです。

これはプロとアマチュアの違いにも十分に言えることであり、何故自分はあのプロのゴルファーの選手と体力が同じくらいだと言われた事があるのに、飛び方だとか飛距離にも違いが出てくるのであろうか、と言う疑問を持っているアマチュアのゴルファーの方には、こういったスイングの時におけるフォームや姿勢などの面で、しっかりとしたスイングの姿勢がとれていないので伸び悩んでいるのでは無いのでしょうか。

原因はやはり、身体全体の力を使って飛ばすことを心がけていないために、パワーが足りないだとか、そのパワーが不思議な方向、変な方向にかかってしまっているために、ボールが曲がって飛んでしまうという事が考えられてしまうのです。

対策としてはやはり、一度ゴルフのショットの時における自分のスイングの姿勢を、他の人に見てもらうことが大事になるでしょう。

何事もそうですが、自分が気がつかない事は人に見てもらって初めてわかるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ