ドライバーのスライスを直す練習方法

ゴルファーには色々な悩みがつき物ですが、その中でも特にショットの時における悩み相談というものは次から次へと相談件数が増えてきて後を絶たないというのが現状です。
多くのゴルファー、と言うよりも、ゴルファーであれば絶対に一度は遭遇する悩みとして、ショットの時の打ち方だとか、飛距離だとか、スピンのかかり具合だとか、フォームだとか、フォローだとかといったところでどんどん悩みの種がつき物になってきます。

本当にこのショットでいいのだろうか、いつまでたっても矯正できないのはどうしてだろうか、ショット1つで他のゴルファーと比べて自分はどんどん置いていかれている感じが否めない、ショットのミスをどうにかして克服したいという方は大勢いると思いますし、やはりどうにかしてこのあり地獄のような悩みから脱出したいものです。

その癖を逆に利用するゴルファーもいますが、大半のゴルファーは真っ直ぐ豪快に飛ばしたいというのが現状だと思うのです。

その中でドライバーのスライスの悩みについて考えてみると、これはゴルフボールにかかったサイドスピンが原因だと多くは考えられています。

これをどうやって克服して改善して強制したのかというと、多くの人はグリップの握り方1つで改善できるのです。

グリップがしっかり握られていなければショットが安定しないですし、ボールにスピンがかかってしまうのは当然だという事だと思います。

グリップの握り方をまずは見直してみることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ