アイアンの良い練習方法は?

ゴルフというものは色々なファクター(要因)が積み重なって成り立っているものでありますし、それはゴルフに限らずいろいろな場面で言えることだとは思います。
ゴルフにはまっている人が恐らくはまってしまう悩みが、ショットによって飛距離がこれだけ飛んでいる人がいるのに、自分が同じ番号のクラブでショットを打っても同じくらい飛ばないどころか、全然届かないという方も少なからず存在するのでは無いかと考えられます。

それはやはり色々なファクターがあることで、そのショットが駄目な部分があるのでは無いのかと考えられます。
それにはやはり練習というものが必要になってきますし、何事においてもそうですが始めから何でも上手く出来るという人は存在しません。

ゴルフにおいても一朝一夕でプロと同じくらいになれるわけでは勿論ありません。

そしてそのプロの中でタイガーウッズという人がいましたが、この人のアイアンさばきはきちんとした理論の上に成り立っているものです。

それにより、あのようなパワーがあるショットが打てるのです。
アイアンの練習方法というよりもどんなクラブにもいえますが、きちんとしたフォームで打つことが重要になってきます。

きちんとしたフォームで打てば、飛距離もスピードも段違いになります。
まずは打ちたい方向を見て、それと平行になるように身体を傾けます。

そしてグリップをきちんと持って、フォームも身体全体のパワーをボールにぶつける勢いでショットしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ