ドライバーの飛距離を伸ばすためには

ゴルファーというものはクラブを振って何ぼだとは思いますが、ゴルファーの遣うクラブの中で何が一番初めに来るクラブなのかといえば、やはりドライバーであると考えられていると思いますし、そう考えられると思います。
ドライバーはクラブセットの中で飛距離が一番長いクラブの事であり、その威力はとてつもないものであります。

ドライバーを上手く使いこなし、そしてアイアンも使いこなし、サンドウェッジやピッチングウェッジ、パターもしっかり使いこなせてこそ一流のゴルファーといえるのでは無いでしょうか。

その一流のゴルファーを目指して、ゴルフ場や打ちっぱなしに通っている人は大勢いらっしゃると思いますが、ドライバーの飛距離がいまいち伸びないなぁ、と言う人はどのくらいいるのでしょうか。

というよりもどのくらいいるのか、と言うのではなく、ゴルフをやり始めてある程度のレベルに達するまでのゴルファーの人々が必ず経験する、ゴルフにおける悩み相談の中には必ず入ってくる問題だと思うのです。

この問題をどうやって解決するのかといえば、ドライバーはティーショットから飛ばすのにショートホールでも無い限りは絶対に必要となってくるものなので、ただ思いっ切り打っても体を悪くしてしまうだけなのです。

左一軸打法というものがありまして、脊椎を縦に近い斜めに維持して、脊椎をフィニッシュの時に垂直になるようにショットをする事で、よりしっかりと遠くに飛ばすことが出来るのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ