プロゴルフツアーの優勝賞金で最高額はいくらか

とって憧れの存在であるのはやはりプロゴルファーの存在でしょうか。
近年ではテレビなどのメディアにも出没し、活躍している若手のプロゴルファーも存在しています。
そしてそれらのプロゴルファーは、世界各地のトーナメント戦で莫大な賞金を競ってゴルフをプレイしていますし、プロになるという事はそういうことなのかもしれません。

そこで気になるのは、その賞金の総額です。
プロ野球選手などは年俸で計算されますが、プロゴルファーは1回の賞金額がそのまま収入になると考えたほうがいいでしょう。

そして副賞としてメルセデスベンツが贈られる大会もありますし、景品1年分が送られたりする大会もあります。

現在の日本国内におけるプロゴルファーのトーナメント戦において、国内男子プロゴルフの最高額となる、何とその賞金総額は2億円という大会があります。

これはダンロップフェニックストーナメントと呼ばれる大会でして、住友ゴム工業とフェニックスリゾート、そして毎日放送が主催となり、九州の宮崎市のシーガイアの中に建設されたフェニックスカントリークラブで毎年11月の3週目から4週目にかけて開催される大会です。

優勝賞金はなんと4000万円であり、一戸建てが十分に建てられる金額になっております。
そしてこれの副賞がメルセデスベンツになっています。

女子のトーナメントでは、某プロゴルファーの年間獲得賞金額、それが何と1億7501万6384円が日本女子のプロゴルフ史上で、最高額の賞金総額となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ