ゴルフの最少スコア記録はいくつですか

スコアが小さければ小さいほどいい記録になるスポーツはゴルフですが、そのスコアで史上最も小さいスコアとされて記録されたスコアは、日本の石川遼選手が打ち立てた世界6大ツアーでの最少スコア、58と言う記録がそれに当たります。
これは前人未到の快挙として、多くのマスメディアに報道されました。

ゴルフでイーブンパーが70打ですので、それよりも、12アンダーの58というスコアは、平均すると、全てのホールの約7割以上の確率でバーディを取得しなければならないと言う驚異的な数字です。

世界最小ストロークとして知られる石川遼選手のこのときの成績は、18ホール中、パーがわずか6ホールで、残り14ホールは全てバーディでした。

さらにこのときの、石川遼選手が打ちたてた最高スコアのときの、ツアー全体に参加したプロの平均スコアは約71であり、平均よりも13アンダーも下回るという結果は、周囲を驚かせるものでした。

また、同時に最年少で、最小スコアを更新するなど、新たな記録を打ち立てたことにも、注目が集まりました。
結果として多くの人に注目され、現在もこの最少記録は塗り替えられていません。

それまでの最小スコアは倉本昌弘プロの12バーディーが最高でした。
その前は、藤池昇龍プロの1イーグル、10バーディー、1ボギーの60でした。

ただ、最少スコアはコースの難易度によっても比較出来ないところがあるので、一律に同じ価値として評価するのは難しいところがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ