動いたとみなされるのはどういう球か

ゴルフの「ボールが動いた」ことによるペナルティに関するルールにおいて、ボールが動いたとされる時は、いろいろと定義によって分類されます。
大きく分けると、ボールが動く原因としては、自分が原因であったり他人が原因であったり、風が吹いて動いたりといった事もあります。
風が吹いて動く場合は、自然現象なので、ペナルティにはなりません。

最も良くあるペナルティのミスとしては、アドレスをした時にうっかりボールを動かしてしまったりするときやボールのそばに小枝や小石が落ちていて、それを動かそうとしてボールも動かしてしまう事です。

この場合は1打加算され、元の位置にボールを戻して続行します。
また、素振りをしてボールが動いてしまった場合などにも1打加算されて、元の位置に戻してプレイしたりします。
大抵は自分が原因である事がほとんどです。

また、池の中からゴルフでは、ショットすることも、ルール上認められていますが、このときに、素振りなどをして、池の表面にクラブが2度、ついてしまうようなことになると、ペナルティとして1打が加算されることになります。

また、プレーヤーが池の中に入ることで、波の振動などによって、池の中に合ったゴルフのボールを動かしてしまうような場合も一打ペナルティとして加算されます。

これは、バンカーショットなども同様で、定一からプレーヤーの衝撃で動かしてしまうと、一打が加算されてしまうので、注意が必要です。
ゴルフはといえば、プロでも間違ってしまうような複雑なルールばかりです。

テレビの中継では余り見かけませんが、実際のところでは反則などによるペナルティなども見受けられることがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ