トーナメント・プロはどうすればなれるの?

ゴルフのプロゴルファーはトーナメントの賞金額によって決まります。
一般的に、ツアープロ、別称がトーナメントプロと言われており、テレビなどで見かけることの出来るプロゴルファーがそれに当たります。
どうすればなれるのかというと、参加を希望するツアーの参加資格を取得する事が条件になります。
資格認定プロテストがJGPAから行なわれており、更に突破してから予選会に出場して勝ち抜かなければなりません。

従来であれば、有名な大学ゴルフ部でアマチュアとして大会で成績を残し、その後プロ入りするようなケースがありましたが、石川遼選手のように幼少のころから英才教育のゴルフレッスンを受けてプロになるようなケースも存在します。

その後、男子プロであれば、(社)日本プロゴルフ協会(女性は(社)日本女子プロゴルフ協会)がおこなう資格認定プロテストに合格することトーナメント・プロとして所属することが出来ることになります。

また、アマチュアとして好成績を多く残し、プロに転向するようなケースも稀に存在します。

トーナメントプロになるためには、まずこの資格で合格することはもちろんのことですが、その後、予選ツアーで勝ち抜くことも条件になります。

トーナメントプロに所属していても、収入を安定させるためには、1つはティーチングプロと言って、他のゴルファーにゴルフの指導を行う人もいます。

いわゆるレッスンプロとトーナメントプロを並列して行う人がそれに該当します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ