プロゴルファーになるには、どういった過程がありますか

ゴルファーのプロという選手には二つあり、ティーチングプロとツアープロがあります。
テレビで良く見かけるプロゴルファーはツアープロになり、コースを転々として賞金を争います。
一般のゴルフのプロのイメージで「プロ」と考えられているのは、ツアープロの方で、まず、ツアープロは参加を希望するツアーの参加資格を得る事が条件になります。

ツアープロになるためには、男子プロの場合には、日本ゴルフツアー機構(JGTO)が設けているプロ試験を合格することで、ツアー資格を得られるようになります。

このほか、シニアプロ、女子プロにおいても、別途試験が設けられており、これに合格することでプロになります。
アマチュア選手からツアー競技に参加し、優勝した石川遼選手のように、例外的にプロに転向するような例もあります。

また、収入源としては、ツアーの賞金以外にも、ゴルフ用品のメーカーなどスポンサーと契約し、広告収入を得るようなケースがあります。

ティーチングプロはJGPA、もしくはJLPGAが実施する、資格の認定講習会に合格する事が条件です。

ティーチングプロは、主にアマチュアを対象とした、ゴルフレッスンなどの収入などで生計を立てているプロです。
また、ティーチングプロになった後も、研修や実技テストをクリアすることで、A、B、C、1~4級のランク別制度が設けられています。

ツアープロでも、レッスンプロの資格を同時に取得するようなケースがあり、両方を総じて「プロゴルファー」と呼ばれることがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ