ウッドやアイアン、ウェッジなどクラブの名前の由来

それは我々人間にしても同じことが言えると思います。
人間の名前の由来は親が何かを参考にしたりなどして、そうやって決めるという事が大抵の事だと思います。
さて、ゴルフに付いての名前の由来も考えてみる事にしましょう。
コースの名前の由来というのは聞いたことがありますが、ゴルフをする時に絶対に必要なのがゴルフクラブです。

実はそのゴルフクラブにも、きっちりとした名前の由来と言うものは存在します。
ウッドにしても、アイアンにしてもウェッジにしてもそうなのです。

では一つ一つ解説していきましょう。
1番ウッドはドライバーですが、これは最も遠くへ飛ばすことが出来るので、運ぶ、打ち込むと言う意味のドライブ、から名づけられました。

2番ウッドはブラッシーで、これは真鍮製という意味なのです。
その意味は、ソールの部分に真鍮板がネジ留めされていたためから来ています。

3番ウッドはスプーンで、ヘッドの形状からスプーンと呼ばれるようになりました。
4番ウッドはバフィーといいますが、スコットランド語で地面を打つことのバフィーが語源です。

ウェッジというものは、楔(くさび)と言う言葉を意味します。
堅い木材、または金属で作られている道具が由来です。

アイアンのことはマッシーと呼ばれることがありますが、これはスコットランドの斧や鉄製のハンマーを意味しているという説があったり、ビリヤードのショットの一種であるマッセ、から来ていると説があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ