ゴルフの1ラウンドはなぜ18ホールなのでしょうか?

色々なスポーツにはさまざまなルールとマナーがありますが、それ以外にも昔から続いている伝統みたいなものがあります。
専門用語の由来などと言う話がそれにあたるのでは無いでしょうか。
専門用語の中には何かの由来があるものもあって、それが語句として定着したものも存在するのです。
色々なスポーツにそういった専門用語があるのですが、ゴルフの場合にはどうなのでしょうか。

実は、ゴルフのホールは18ホールと言うとてつもなく中途半端な数字になっていますが、ここにその専門用語の由来が隠されていたのです。
そもそも何故18ホールと言う中途半端な数字でホールが構成されているのか、と言うことから説明しましょう。

ゴルフのホールの数が18ホールと言うのは、イギリスのスコットランドに存在しているセント・アンドリュース・クラブが発端でした。
実は、それまでゴルフの全てのホール数は22ホールだったのです。

その22ホールから18ホールに、1764年に改造したのがセント・アンドリュース・クラブでした。

それまでクラブによってホールの数はまちまちでバラバラでしたが、この18ホールと言うコースの数とその配置の仕方が話題となって好評になり、以後、どこのクラブでも18ホールと言うようにコースの数が決定されたのです。

いわばゴルフ場の教本です。
そして、1つのホールを終えるごとにウイスキーをグラスで1杯飲んでいましたが、グラス18回でウイスキーが1本消化できます。

それをワンショットと言います。
ウィスキーの1打と、ゴルフの1打がワンショットなのはここにありました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ