グリーン上で他のプレーヤーの玉に当たった場合どうなるか

ゴルフをしているゴルファーの皆さんにとって、と言うよりもこの地球上を生きている全ての人々にとっては、日常生活の中でアクシデントにあうということはつき物であると考えられていますし、実際のところはそうであるという認識が強いと思います。
予期せぬ自体にめぐり合うこともそうですし、それを予知している人もいますが、生まれてから一度もアクシデントに遭遇した事が無い人はいないと思います。

人間の人生には必ず失敗がつき物ですし、失敗を経験してこそ、成功に繋がります。
失敗は成功の母といわれるゆえんがここにあると言ってもいいでしょう。

さて、ゴルファーの皆さんにとってアクシデントはやはりゴルフをしているときが一番多いと思います。
ゴルフをしている中のアクシデントはこれまたさまざまですが、パターでパットをする時にグリーン上でカップを狙いますよね。

そのパットしたボールがグリーン上で、もし他の選手のボールに当たってしまったらどうなるのでしょうか。
この場合は、当てたプレーヤーに対してはスコアが2打加算されます。

そして、当てたプレーヤーは自分のボールが止まった所から、当てられて動いたボールは元の位置に戻してゲームを続けるのです。
当てられたボールがカップに入った場合はカップインになります。

しかしペナルティーとして2打が加算されますし、結局のところ3打加算する事になってしまうのです。
ですが、グリーンの外から当ててしまったボールとそのプレイヤーはペナルティは無しで続けます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ