ボールをドロップする方法は決められているのか

ゴルフに限った事ではありません。
スポーツという物においては、絶対にルールというものは存在するのです。
ゴルフの中でもそれはそうです。
ゴルフという競技の中においてもきちんとしたルールとマナーが存在し、それを守る事の出来ない人たちはつまみ出されて当然なのです。
みんなが楽しく、きちんとしたルールの中で順位を競い合ったり、楽しんでスポーツができる事です。

それからスポーツマンシップにのっとり、正々堂々とした体制で勝負に臨むことが出来てこそ、初めてスポーツというものは成り立ちます。

前述の通りゴルフに限った事ではなく、野球の中であっても、サッカーの中であっても、バスケットボールの中においても、水泳でもそうですし、テニスでもそう、ラグビーでも、モータースポーツでも、スキーやスノーボードなどの冬の競技でも、ありとあらゆるスポーツにはルールとマナーが存在するのです。

さて、ゴルフについてのルールの中で、良く質問される事項があります。

それはボールをドロップする方法についての事で、良くわからないままプレイするととんでもない事態を招いてしまう事にも繋がってしまいます。

ウォーターハザードなどでOBになったりした場合にボールを際ドロップしてプレイしますが、ボールを拾い上げてドロップする時、プレイヤーが直立した姿勢から腕を伸ばし、肩の高さからボールを落としてドロップします。

OBした場所に戻ったりグリーンに乗ったりした場合には2回まで再ドロップでき、それ以上は近い場所からドロップして再スタートになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ