ティーグランドでは必ずティーアップしなければいけないのか

ゴルフという競技に限らずいえたことなのですが、どんなスポーツにも必ずそのスポーツに適用されているルールというものが存在するのです。
ルールのほかにもマナーが存在します。
バスケットボールだってそうですし、野球だってそうです。
サッカーだってそうですし、水泳もそうです。
スキューバダイビングだってスキーだってスノーボードだって同じ事です。

テニスや卓球にも同じことが言えるのです。
それからモータースポーツと言う分野においても細かくルールが決められています。

そのルールやマナーを守れない選手や監督などは、もうつまみ出されても文句は言えません。
最悪は永久に追放と言う事にもなりかねません。

そしてゴルフにも数多くのルールとマナーが存在していますが、このゴルフというスポーツにおいては紳士のスポーツと言われるだけあって非常に細かくルール作りがなされており、これはプロのゴルファーでも間違えてしまうほどです。

特に多いのがゴルフのプレイ中で、ラウンドを回っているときにルール違反をする事が多いです。
ティーショットのときにミスをしがちなのが、ティーグラウンドにはティーアップを出来るエリアが決められておりそこでしなければなりません。

ただし、エリア内においても空振りをしてボールが落ちた場合にはティーアップせずに、そのボールが止まった場所から2打目を打つ事になります。

必ずしもティーアップをしなければならない、と言うことではありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ