パブリックコースについて

ゴルフをゴルファーとしてプレイする中で、専門用語は必ず押さえておかなければならない分野のひとつであると考えられます。
勿論これはゴルフの中だけには限りません。他のスポーツにしてもそうですし、専門的な仕事に従事するといった場合にもそうです。
それから学校の勉強でもそうであるように、何かを学ぶ時にはその分野に関連して必ず専門用語が出てくるのでありますから、その専門用語をきっちりと勉強して押さえておかないと、ことわざにあるように、聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥といいます。

調べる事も同じです。
調べる事によって知識は深まりますし、知識が深い場合にも更に調べる事によって新たな発見があります。

その発見がより興味を持つ事にも繋がっていくのです。
前置きが長くなりましたが、ゴルフをする上で押さえておかなければならない専門用語の1つにパブリックコースという単語があります。

ゴルフにはパブリックコースとメンバーコースという2つのコースがありまして、簡単に言えば、会員限定であるゴルフコースがメンバーコースであります。

となれば、会員でなくても利用できるコースのことがパブリックコースというようになりますので、仲間内やゴルフのコンペなどでパブリックコースを使用するという事になれば、それはもう安心してゴルフをプレイできるのです。

パブリックコースではメンバーズコースと違って、誰でも気兼ねなくのびのびとプレイできるのが一種の魅力です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ