オフィシャル・ハンデはどうすれば取得できる

「ゴルフやってるの?」「ええ」「ハンデいくつ」「○○」といった会話を聞いたことはありませんか。
ハンデというのは、実際にスコアから差し引くことができるルールのことを言います。
ゴルフコンペの中には、上級者もいれば初心者もいるかもしれません。
そこで、それぞれの成績をならす意味で、ハンデキャップをつけるのです。

ハンデの数が多ければ多いほど、差し引かれる数が多くなります。
つまり、初心者の方が、ハンデは大きめということになります。

ちなみに、ハンデが少ないということは、上級者の証ということにもなります。
別にスコアをそれほど、差し引く必要がないからです。

ちなみに、ハンデが1ケタという人は、かなりの腕前と思ったほうがいいでしょう。
柔道でいうところの、黒帯持ちだと思ってもらって結構です。

ところで、ハンデというのは、自分たちで勝手に決めることもできます。
しかし一方で、オフィシャル・ハンデというのものあります。

オフィシャル・ハンデは、公式のハンデとして、どこでも使用することができます。
しかも世界中で使用することができるところが、オフィシャル・ハンデのすごいところということができます。

オフィシャル・ハンデをとるためには、パブリックゴルフ場に、ホームコース登録をします。
そうすると、PGSハンデというものを取得することができます。

このPGSハンデは、オフィシャル・ハンデとして、登録しているコースの月例協議に参加をすることができます。
また、正式競技でも使用することができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ