ショートホール、ミドルホール、ロングホールについて

ゴルフ場には、いろいろなコースが用意されています。
通常は18ホールあるのですが、それぞれに違った特徴があります。
ゴルフ場のコースですが、大きく分けて、3つのコースに分類することができます。
一つ目は、ショートホールと呼ばれるコースです。

ショートホールは、3打で入れるのが標準とされるコースのことを言います。
ですから、比較的距離は短いということになります。

理想は、ティーショットでいきなりグリーンに乗せるといいでしょう。
そして、パッティング2打でカップに入れることになります。

ショートホールには、池などが用意されていることも少なくありません。
池越えをするためにも、度胸あるティーショットが求められることも少なくありません。

2つの目のコースとして、ミドルホールと呼ばれるものがあります。
ミドルホールは、4打でカップインさせるのが標準のコースです。

ティーショットと2打目のショットで、グリーンオンをするのが理想といえます。
そのうえで、2回のパッティングで、カップに沈めるように戦略を練りましょう。

最後のコースのタイプとして、ロングホールというものがあります。
ロングホールは、5打でカップに沈めることができれば、パーという設計になっています。

最も距離の長いコースということになります。
ティーショットから3打で、グリーンオンするように、ショットをつなげていくといいでしょう。

そのうえで、2打のパッティングで、カップに沈めることができるようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ