グリーン上のピンフラッグは、いつ取ればいいのですか?

グリーンのカップのところには、ピンがついていると思われます。
旗のようなものがカップのところで、たなびいている光景を見たことがあるかと思います。
パッティングをする場合、通常は、このピンを抜くことが多いです。
そこで問題になってくるのは、だれがピンを抜くかということについてです。

ピンを抜く人について、ゴルフでは、ルールが決まっています。
グリーンのピンは、通常一番最初にグリーンオンをした人が抜く、と決まっています。

会社のコンペだと、後輩の人が気を使って、抜いてしまうこともあるかもしれません。
しかし最初にグリーンオンをした人が抜くものですから、勝手に抜かないようにしましょう。

あなたが、最初にグリーンオンをして、ピンを抜くことになった場合、抜くタイミングにも注意です。
自分がグリーンオンをしたら、勝手に抜いていいわけではありません。

基本的には、そのパーティが全員オンをしてからだと思ってください。
中には、ピンから遠いところから、パッティングをする人もいます。

この場合、ピンがあった方が、目標を見つけやすいからという人もいます。
ですから、ピンをぬかどうかについては、パッティングをする人に確認をしておくといいでしょう。

ピンを抜くときですが、グリーンの外にピンをおくようにしましょう。
もしグリーンのエッジまで、かなりの距離がある場合には、グリーン上においてもいいでしょう。

しかしその場合でも、芝生を傷めないように、そっと置くのがマナーです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ