グリーン上でのマナーについて

ゴルフのグリーン上では、まずボールのマークを忘れないようにしましょう。
マークをすることで、他人のパットの邪魔にならないようにする必要があります。
もし他人のラインにはいっていないのであれば、マークをする必要はありません。
しかし、初心者であれば、極力自分の番でないときには、マークをしておきましょう。

通常グリーンのカップには、ピンが刺さっています。
このピンですが、だれが抜けばいいのでしょうか。

ピンを抜く人は、ゴルフのマナーでは、一番最初にボールをグリーンオンをした人と決まっています。
ただし、全員が、グリーンオンをしたときに、はじめてピンを抜くようにしましょう。
自分がオンをしたからといって、勝手に抜かないようにしてください。

またグリーン上では、パッティングラインというものがあります。
このパッティングラインには、細心の注意を払うようにしてください、うっかり、相手のラインに入ってしまうと、あなたの靴で、芝の目が変わってしまうこともあります。

すると、パッティングに影響が出てくることもあります。
できれば、ボールの外側のところを回って、移動をすることを心がけるべきです。
またグリーンは、繊細な芝で作られていることが多いです。

ですから、グリーンに入ったら、走らないようにしましょう。
もし後ろの組が近くまで来ているときでも、走るのはグリーンを出てからにするようにしましょう。

グリーンをいたわるという気持ちは、ゴルフをするときのマナーとして、欠かせません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ