ラウンド中にボールが見つからなかったときにはどうすればいい?

ミスショットをした時に、ボールが見つかればいいのですが、見つからない場合があります。
もしくは、ラフの深いところに入ると、ボールがどこにあるかわからないということもあります。
もしボールが見つからない場合には、どう対応すればいいでしょうか。
この場合、ロストボールを宣言するのが、無難といえます。

ボールがなくなったのであれば、もう一度打ち直しをするのです。
ボールがなくなる直近の打った場所に戻ります。

そこで、1打罰を払って、再びショットをすることになります。
1打罰を払って、ショットをすることになるわけですから、事実上は2打罰ということになります。

しかしこのルールは、正式なルール上での対処法ということになります。
競技をしている場合のロストボールの対処法は、上のようになります。
しかしもしプライベートでゴルフをしている場合には、ほかのルールが適用されることもあります。

最も多いのが、最も近いフェアウェイから打ち直しをするというルールです。
ボールがなくなったと思われるエリアから一番近いフェアウェイからショットをするのです。

ただしこのときには、2打罰が科されることになります。
このようなルールが適用されることが、一般では多いようです。

もし初心者の場合には、さらに別の対応をすることもあります。
前進2打罰によって、プレーを続行するというやり方です。

こうすることで、大きなスコアの差が生じないようにするという目的もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ