ラウンド中、池に落ちたときは、どうすればよいでしょうか?

「池ポチャ」という言葉を聞いたことはありませんか。
ゴルフ場のコースには、池がある場合も少なくありません。
ときにはミスショットをして、池にボールを落とすこともあるでしょう。
もしボールを池ポチャした場合には、以下の3つの方法で対処することになります。

自分で3つの方法の中から、どれを選ぶかを決めることになります。
まずは、1打罰を払います。
そして、池ポチャをした場所に戻ります。

池ポチャをしてしまった場所の近くから、ドロップをして、打ち直しをします。
ドロップは、適度などころからボールを、そのまま下に落とす方法を言います。

2つ目の方法として、1打罰を払います。
そして、ボールが池を横切った地点を見ましょう。
そして、ホールを結んだ線の延長線上で両者が出くわすところに行きます。

そこからボールをドロップして、打ち直しをする方法があります。
ちなみに延長線上にあれば、下がる分には、どこまで下がっても問題がありません。

最後の方法として、ソールは禁止になりますが、そのまま打つという方法もあります。
このとき、ペナルティーも一切ありません。
上の3つの方法の中で、最もポピュラーなのは何でしょうか。

一般的には2番目の方法が適用されることが多いようです。
池の淵のところで、ボールをドロップするという方法です。

1番目の方法は、ティーショットが池ポチャをした時に対処することが多いようです。
遅延をしないようにするためには、2番目を選択するのが無難でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ