ティーショットはどこから打ってもいいのか

ゴルフで、最初にティーショットを打ちます。
ところで、このティーショット、どこから打てばいいのか、初心者は迷うでしょう。
ティーショットを打つときには、いくつかルールがあります。
ティーショットのルールを、まずはマスターしましょう。
ティーショットを打つことができる範囲は、決まっています。

ティーショットには、ティーマーカーと呼ばれるものがあります。
ティーマーカーは、2本立っています。

2つあるティーマーカーの間でないと、ティーショットを打つことができません。
また、もう一点、ティーショットを打つ時のルールがあります。
それは、グリーンとの位置関係についてです。

グリーンと反対方向に向かって、どれくらいの位置にあるかが、重要になります。
目安になっているのは、ドライバーが2本以内に収まる場所です。

以上の2つのルールが、ティーショットにはあることを理解ましょう。
2つの条件を満たすことができれば、あとは自由です。
ちなみにプレイヤーが打つ位置のことを、スタンスする位置と呼ぶことがあります。

スタンスの位置については、別に細かな制約はありません。
ボール自体が、上で紹介をした2点を満たしていればいいのです。
スタンスする位置については、別に2つの条件を満たしていなくても、ルール違反ということにはなりません。

コースを見るところから始めてみるといいでしょう。
そのうえで、自分が打ちやすそうな場所を見て、そこにボールをセットするようにすればいいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ