ゴルフ発祥の地はどこでしょうか

現在では、日本はもちろんのこと、世界中でゴルフはプレイされています。
ところで、ゴルフの起源は、どこなのでしょうか。
一般的に、ゴルフ発祥の地は、スコットランドとなっています。
スコットランドにいた羊飼いが、ゲームのルーツを作ったとされています。

羊飼いがゲームとして、棒で小石を打って、穴に入れるということをしていました。
これが、ゴルフの原型になったというわけです。

一方で、スコットランドが発祥でも、ゲームはオランダ人が持ち込んだものという説もあります。
スコットランドには、ゴルフの聖地と呼ばれるところもあります。

セントアンドリュース・オールドコース・というゴルフ場を聞いたことはないでしょうか。
4大メジャーと呼ばれるものの中に、全英オープンというものがあります。

この全英オープンの会場として、過去に何度も使われているゴルフ場です。
セントアンドリュースは、実際に見ると、限りなく原っぱに近いゴルフ場といえます。

リンクスコースになっています。
しかしこのことが逆に、ゴルフのルーツを感じさせてくれるのかもしれません。

スコットランドには、ほかにも、有名なコースがたくさんあります。
ミュアフィールドやタンベリーというゴルフ場の名前は、聞いたことがある人も多いでしょう。

ほかにも、ロイヤル・セントジョージというゴルフ場もあります。
ロイヤルリバプールというゴルフ場も、スコットランドにあるコースです。

このように、スコットランドが、ゴルフのメッカと呼ばれるにふさわしい環境があるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ