グリーンでマークをしないでボールを拾ったらどうなる?

グリーンオンをして、ワンパットで入らないことも多いでしょう。
このとき、ほかのプレイヤーが、パットをすることもあります。
もしグリーン上にボールがあれば、マークをするのが普通です。
もしマークをしなかった場合には、何か問題はあるのでしょうか。

結論から言いますと、マークは必ずしないといけないという規則自体は、ないようです。
しかしマナー上の問題というのは、払しょくできないでしょう。

もしグリーンに、ほかのボールがあれば、ほかのプレイヤーの妨げになります。
場合によっては、パットをするときに、あなたのボールに当たる可能性もあります。

すると、どうしてもプレイヤーは、あなたのボールを意識します。
となると、結局ほかのプレイヤーの集中力の妨げになります。

できるだけほかのプレイヤーの邪魔にならぬよう、気配りをすることは大切です。
逆に、グリーンにマークをしていなかったボールがあったとします。

この場合、パッティングをするときに邪魔と感じることもあるでしょう。
このとき、あなたはボールの持ち主に、拾いあげるように要求することができます。

これは、2011年のゴルフ規則にも、明記されていることです。(第22条第2項)
ボールを拾い上げることを要求された場合、どのように対処をすればいいのでしょうか。

この場合、2つの方法があります。
まずは、ボールに言われたようにマークをして、拾いあげる方法です。

そして、要求をしたプレイヤーの前に、ボールを打ってしまうということです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ