スタンスを構えてから、ボールが動くと1打になるのか

ゴルフの中には色々なペナルティがあります。
例えば他人のクラブを使ってしまったり、ボールを誤ってけってしまったり、集合時間に間に合わなかったなどさまざまですが、その場合には何もお咎めが無しだったり、何打打ったかにプラスして1打を加えたり、2打を加えてペナルティとしたり、最悪の場合には競技が失格となり、会場の外へとつまみ出されてしまうケースもあります。

そんなゴルフの中のペナルティですが、ボールに関することがほとんどを占めます。

ボールに関してのペナルティでたまにあることなのですが、スタンスを取ったときにボールが動いてしまったら、一体どういうペナルティとされるのでしょうか、また、その場合は無罰なのか、あるいはスコアに影響が出てしまうのかと言った事があります。

実は、これは打つタイミングによって無罰なのか有罰なのかが決まります。

動いているボールを打ってしまうと2打の有罰として加算されますが、止まっているボールをうとうとしたらそのボールが動いて、ボールが動いた瞬間に打ってしまったらこれは1打の有罰になります。

バックスイングを始めた後に動き始めたボールは、仕方なく打ってしまったものとして1打の有罰としてスコアに影響されるのです。

何だかややこしいルールではありますが、これもゴルフを気持ちよくスムーズにプレイするために、そしてペナルティなどを公平にするために必要なものですので、どうか御了承いただけると幸いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ