ゴルフ場の服装のマナーについて

ゴルフに限らず、どんなスポーツでもルールとマナーは必ず存在するものです。
それが守れなかったり、守らない人、故意に違反する人などは失格や強制退場などとして、プレイしている人達から引き離されてつまみ出されるのが当然なのです。
安全面の確保が第一と考えられる事がほとんどで、気持ちよく参加者がプレイできる事がスポーツの鉄則です。

ゴルフに関してもそれは変わりませんが、ゴルフは昔から紳士・淑女のスポーツと考えられてきました。
そのため、服装1つとってもマナーがあります。

その服装のマナーについて説明をしていきたいと思います。
紳士・淑女のスポーツであると考えられているゴルフの世界においては、まず、ラフな格好でプレイする事は絶対に禁止です。

最近では大目に見ているゴルフ場も結構ありますが、公式な大会などではだらしの無い格好(だぼだぼのズボンやかかと履きの靴、よれよれのTシャツやすすけた帽子など)、それから態度もだらしの無い態度ではいけません。

クラブに対する侮辱と考えられているからです。
昔は基本的に、上はブレザーと決まっていたくらい服装のマナーには厳しいのです。

だからと言ってスーツを着ろ、と言うわけではなく、アルバイトの入社面接に行くくらいのかっちりした格好と、見た目を綺麗にする事が大事です。

それから、プレイし終わった後にクラブハウスに戻りますが、このときにクラブハウスの床を汚さないように靴の汚れをしっかり落としておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ