ゴルフ場でボールが当たった場合

どんなスポーツでも安全面に関することにはいっそうの注意を払わなければいけません。
例えば、野球のバッターやキャッチャーはヘルメットをかぶったりマスクをつけたりします。
サッカーでは故意にボールを持っていないタックルをしたり、ツバを吐きかけたりと暴言や暴力、そして事故などにはルールとマナーとして、安全面での事として厳しく管理されたり、罰せられたりといった事があります。

ゴルフでも、プレイしている時に安全面に気を配るのは当然の事です。

安全面に関しては、クラブが他の人に当たらないように注意したり、周りに何らかの危害が及ばないようにする事から始まりますが、たまにある事故として、ショットしたゴルフのボールが他の参加者に当たってしまう事があるという話を聞いた事がある方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。

結論から言えば、ボールが他の参加者やプレイヤー、同伴者などに当たってしまう事はあります。

その場合は本当にまれな事ですが、軽く当たってしまう事もあれば頭に当たってしまって病院送りになり、その場でラウンドが中止になったケースもありました。

これはゴルフ場の怠慢のケースもありますし、プレイヤー自身の安全確認を怠った義務違反、キャディが安全確認を怠った、他の参加者がボールが来ると予想できるところに立っていたなど、色々な原因があります。

その場合、ゴルファーの保険という物がありましてゴルフ中のそういった事故や、お祝いに関したことで出費が出てきた場合に保険が適用されます。

とはいえ、当ててしまった人は当たってしまった人にきちんとお見舞いに行くようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ