接待ゴルフで、お客様がミスしたときにかける言葉

日本の会社に勤めていると、良く耳にする言葉が接待ゴルフです。
会社上のお付き合いとして、取引先との親交を深める目的で接待ゴルフは開催されますが、相手方のプレイヤーがプレイをしていてミスをしてしまったときなどにフォローをするにはどうすればよいのでしょうか。

一般的には声をかけることが普通ですが、余りにもわざとらしかったり白々しかったりした場合には、かえって相手の機嫌を損ねてしまう場合もありえます。

また、ミスをしただけでイライラして不機嫌になるプレイヤーもいらっしゃいますし、声をかけないで集中させて欲しいといったプレイヤーもいらっしゃるのです。

しかし、何かしらのリアクションがあったり声をかけてほしいといったプレイヤーの方もいらっしゃいますので、その場合にはミスを慰めるのではなく、ポジティブな方向に考えてミスを褒めるようにしましょう。

惜しい、とかドンマイ、とかは相手の機嫌を損ねてしまう事にも繋がりませんので使わないほうがいいです。

具体的なミスの褒め方としては、例えばカップインのパターの時にオーバーしてしまった場合に、「思い切りいいですね!」と言ったり、逆に届かなかった場合には「慎重な方ですね」と相手の長所を褒めるような感じで声をかけるようにしましょう。

そしてティーショットでナイスショットが出た場合などでは拍手をして褒める、歓声や黄色い声をあげるなどして、相手を気持ちのよい気分にさせる事が接待ゴルフでは大事です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ