ゴルフクラブに規格はあるのでしょうか

ゴルフを始めるとなれば、クラブの選び方も重要になってきます。
ですがそのクラブには規格が存在するのかと言えば、これもボールと同じ様に存在するのです。
これはゴルフクラブにもボールと同じく規格を設ける事により、ゴルフのルールにおける公平さを図ろうとする狙いがあります。

と言うのも、ゴルフクラブには規格外のゴルフクラブがあるのです。
この規格外のゴルフクラブを使うことは出来ません。

なぜかといえばゴルフのルールは4年ごとに大きく変わっていますが、クラブも例外ではなくて、飛びすぎてゴルフが簡単になってしまうのを防ぐためなのです。

高反発と言って、クラブがボールを打つ時にトランポリンやバネのような役割を果たして長く飛びすぎてしまい、飛距離が伸びたりナイスオンも簡単に出来てしまうので、高反発が規格外に高いクラブは違反になってしまいます。

規格に関しては、高反発の規制(SLEルール)にのっとって、鉄球をクラブにめり込ませる装置を使い、その結果でめり込んだ程度が一定の時間以上に長ければ規格外になります。

ですがこれには具体的な数値が無いのでわかりにくく、英国ゴルフ協会のルールブックにも書いていないのです。
見分ける方法としては、ショップに行ってクラブを見てみるとシールが貼られたものがあります。

そのシールとはSLEルール適合と言う表示がされているシールで、これは規格の検査を潜り抜けて発売されているクラブになりますので、これらのシールで見分けるのが今のところの方法です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ