テーラーメイドのクラブの特徴は

テーラーメイドはアメリカのゴルフメーカーです。
設立は1979年で、日本では1986年から展開を行っています。
海外の有名プロゴルファーが数多く契約していることでも知られ、代表的なところではセルヒオ・ガルシア、ポーラ・クリーマー、日本では田中秀道、諸見里しのぶなどが挙げられます。

評価、知名度ともに世界でもトップクラスの存在といってよいでしょう。
そんなテーラーメイドのクラブの特徴はまず飛距離が出やすい点です。

すべてのゴルファーにとって重要なポイントです。
また、同時に扱いやすさもこのブランドの大きなセールスポイントとなっています。

ゴルフ用品店でもまずテーラーメイドを勧めるケースが多いといわれており、高級志向をうかがわせながら初心者でも手軽に扱える点が人気の秘密となっています。

また、独自の技術やユニークな製品作りにも定評があります。
とくにマレット型パター「ロッサ・モンザ」は画期的な製品として世界的な評価を集めました。

さらにカードリッジを変更することによってシチュエーションに合わせて自由にパフォーマンスを変更できるシステムが衝撃的だった「r7」などもこのメーカーならではの製品として挙げられます。

そのほか軽量化の技術にも優れ、女性に適したクラブが多いのも特徴です。
初心者から上級者まで、そして性能からデザイン性まで幅広い魅力を備えたメーカーといえるでしょう。

とくに飛距離がなかなか伸びずに悩んでいるゴルファーはこのメーカーのクラブを試してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ