クラブのフレックスとは何でしょうか

クラブの良し悪し、あるいはプレイヤーとの相性を決めるポイントはいくつかありますが、そのうちのひとつがシャフトのフレックスです。
このフレックスとは「硬度」のこと、つまりシャフトがどれだけ硬いか、ということになります。
シャフトが硬ければ硬いほどヘッドバランスが重くなります。
またあまりヘッドスピードが出ない人が硬いシャフトを使用するとうまくコントロールできない面もあります。

基本的にはヘッドスピードが速い人は硬いシャフトを、遅い人は柔らかいシャフトを選ぶことになります。
フレックスによってクラブの扱いやすさ、スイング・ショットの質まで左右することになるのです。

このフレックスは大きく分けて5つの種類があります。
硬い順番からX、S、R、A、Lとなります。

Xは「エクストラ」のことです。
基本的には市販されておらず、オーダーメードで作ることになります。
なお、さらに硬いXX、XXXなどもあります。

Sは「スティッフ」の略称で、それからRは「レギュラー」の略称です。
アマチュアゴルファーは基本的にこのどちらかから選ぶことになります。

なお、両者の中間に位置するSRというフレックスもあります。
Aは「アベレージ」で、中級クラスの女性向けと言われています。

Lは「レディース」の略称で、その名の通り女性に適したフレックスとなっています。
なお、最近ではさらに柔らかいLLも登場しています。

このように、クラブ選びの際にはまず自分にはどのフレックスが合っているのかを確認する必要があるのです。
ヘッドスピードを測定し、それを基準にあとは実際の使い勝手やスイングの感触で確かめるようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ