パターの種類はどのくらいあるのか

ゴルフクラブの中でももっとも種類が豊富で、多彩な形状が存在するのがパターです。
もっとも短い距離を打つクラブ、しかしもっとも繊細なコントロールが求められるクラブでもあるため、技術はもちろんのこと、自分に合った種類を選ぶ必要があるのです。
技術の進歩によりさまざまな種類のパターが存在している状況です。
その代表的なものを挙げてきましょう。

まず「T字型パター」で、世間一般でパターといえばこの形状でしょう。
細長いヘッドでボールの真横を打つことで正確なショットが可能な点が大きな特徴です。

それから「L字型パター」で、半月型のような形状をしているもので、非常に細かいボールコントロールが可能な反面、扱いが難しいといわれており、上級者やプロに適しているパターともされています。

近年増えているのが「マレット型」で、靴の形というか、かまぼこのような特徴的な形をしており、振りやすさが最大のポイントとなっています。
とくに近年では素材の改良が進みますます使い勝手がよくなっています。

もうひとつ、「アンサー型」も忘れてはならないでしょう。
見た目はT字型に似ていますが、重量を分散することでスイートスポットを拡大しており初心者でも安定したショットが可能となっています。

そのほかにもマレット型の変形「2ボール型」が近年急速に注目を高めている状況です。
今後も技術革新とともにさまざまな種類のパターが登場していくことでしょう。

その中から自分に適したものを選ぶ必要があるわけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ