ゴルフのクラブを使う本数は決まっているのか

ゴルフコースでプレイする場合にはキャディバッグにクラブを入れてラウンドすることになります。
その際、ゴルフクラブを何本使用するのか、どのクラブを選択するのかが重要なポイントとなってきます。
前者の本数に関してはあらかじめルールで定められており、14本の範囲内でクラブを選択する必要が出てきます。

ゴルフクラブにはさまざまな種類があり、現在でも新たなタイプのクラブが開発・登場している状況です。

しかし必ず14本以内でプレイしなければなりません。
これはアマチュアだろうとプロだろうと変わらずすべてのゴルファーに対して課せられているルールです。

もしこのルールを破って15本以上持ってプレイした場合、各ホールについて2打、1ラウンドについて4打の罰が加えられます。
ついうっかり持ちすぎてしまった、などということがないようにしましょう。

ポイントなのは14本の範囲内なら規定で認められたクラブを好きなように組み合わせてもよいということです。
たとえばウッドを5本持つ代わりにアイアンを少なめにするとか、アプローチを重視してPW、SW、AWを一通り揃えるといった方法も可能です。

極端な話、パターを2本、3本と持ってもよいわけです。
パターに関しては非常識なように思えますが、パットに苦戦している人はグリーンの状態に合わせて複数のパターを用意するというのもひとつの手でしょう。

このように、ゴルフのクラブを使う本数は14本以内に定められています。
その範囲内で自分がうまく使えるクラブを選ぶことが重要になるのです。

この段階でプレイは始まっているといっても過言ではないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ