スチールシャフトとカーボンとの違いは

ゴルフクラブのシャフトは大きく分けて2つの種類があります。
スチールシャフトとカーボンシャフトです。
それぞれ特徴があり、クラブ選びをする場合には必ず両者の違いをよく把握しておくことが重要です。
このうち古くから主流として使用されてきたのがスチールシャフトです。
ただ最近ではカーボンシャフトに押されがちな面もあり、改めてその特徴やメリットを見つめなおす必要も出てきています。

このシャフトはどのようなものなのでしょうか。
スチールシャフトとは文字通りスチールを素材に作られたシャフトのことです。

カーボンシャフトとの最大の違いは重量にあります。
カーボン繊維を主原料にして作られたカーボンシャフトはスチールに比べて軽量で、腕力のない人、あるいは女性にも適したクラブとなっています。

カーボンの平均重量は60g程度といわれるのに対し、スチールシャフトは100g程度のものが多くなります。
ただし、最近では軽量スチールと呼ばれる軽量化を実現したスチールシャフトも登場しており、この点について格差が少なくなっている状況でもあります。

もうひとつ重要な違いは打った時の感触です。
カーボンはしなりがよく、ソフトな打感で打つこと、高い弾道で打つことが可能です。
一方スチールシャフトは弾道を抑えて打つ場合、ソリッドな打感で打つ場合に適しています。

まったく正反対の特徴を持っているわけです。
どちらが優れているということはなく、その人との相性や好みによって良し悪しの判断が異なってきます。

スチールシャフトと敬遠する人も多いようですが、両方を手にとってみて直接違いを確かめた上で判断するとよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ