ゴルフクラブの良いお手入れの仕方は?

せっかく購入したゴルフクラブ、大事に扱いたいものです。
愛着を持つためでもありますし、少しでも長く使い続けるためにも手入れは欠かせません。
ゴルフ用品を車に置きっぱなしの人も多いのではないでしょうか。
そんな人は久しぶりにゴルフクラブを出して手入れをしてみましょう。

ではゴルフクラブはどのような方法で手入れをすればよいのでしょうか。
基本中の基本となるのがプレー後のエアスプレーです。

それからタオルやタワシなどで表面の汚れをよく落としておくことも欠かせません。
汚れは時間が経てば経つほど落ちにくくなりますし、錆などの劣化の原因にもなります。

しかしそれだけでは不十分、ぜひとも自宅で行う手入れも行いましょう。
その際にはタワシとタオル、そして台所用の洗剤、自動車用のワックス、そして防錆剤を用意して行います。

洗う際のバケツも忘れないようにしましょう。
洗剤を使用する場合にはバケツに入れた水の中にクラブを沈める方法をとります。

ただし木製のドライバーではこの方法は適さないので要注意です。
数分間洗剤につけた後でタワシで全体を洗っていきます。

タワシはなるべく柔らかいものにしましょう。
なお、もし錆があった場合には台所にあるスチールウールで落とし、その上から防錆剤を塗るときれいにすることができます。

そして最後に金属の表面にワックスを塗って終了です。
より美しく仕上げたい場合には除光液を使用するのもよいでしょう。

こうした手入れを時々行うだけでも新品同様の状態を長く保つことができます。
ゴルフの上達はまず手入れから、基本中の基本としておきたいところです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ