オーバーラッピンググリップについて

ゴルフの腕がある程度上がってくるとグリップの握り方にこだわりたくなってくるものです。
一般的なストロンググリップやウィークグリップの場合、安定したスイングやグリップを得やすいものの、それ以上のスコアアップ、技術向上を目指したい場合には不満が出てくる場合もあります。
上級者向けの握り方にはいくつかの種類がありますが、プロゴルファーがもっとも多く採用しているのがオーバーラッピンググリップという握り方です。

これは右手の小指を左手の人差し指に軽く乗せて握る方法です。
こうすることで両手に一体感が生まれるとともに、力を均等にこめることができ、柔らかい動きとスイングが可能になります。

一般的な握り方だと強く握り締めてしまった結果手首が堅くなってしまうことも多いのですが、このオーバーラッピンググリップなら手首を柔らかく使うこともできます。

握り方そのものは簡単に思えますが、いざスイングをしようとなるとなかなか扱いが難しいものです。
その理由は右手の小指で、グリップに触れていないこともあってかついつい力を込めすぎてしまうのです。

そうするとせっかくの柔軟性が損なわれ、手首に余計な力が入ってしまいスイングが不安定になってしまいます。
小指には力はほとんどいれず、左手の人差し指に乗せるだけで十分、過剰な意識を向けずにスイングするのがポイントです。

慣れない場合は右手の小指と薬指の間隔をあけてそこに人差し指を割り込ませるような形を意識するとよいでしょう。
初心者から中級者へのステップアップになる握り方ともいえそうです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ