インターロッキンググリップってどういう握り方でしょうか?

クラブの握り方にはさまざまな種類があります。
初心者に適しているストロンググリップやウィークグリップなどが広く知られていますが、そのほかより高度な技術を求めるために適した握り方もあります。
その中でもとくにプロゴルファーが使用している握り方として名高いのがインターロッキンググリップです。

インターロッキンググリップとは左手の人差し指と右手の小指を絡ませて握る方法です。
この部分で両手が軽く重なり合う形でグリップを握る形となります。

あのタイガー・ウッズなどはアマチュア時代はストロンググリップで握っていたものの、上達に合わせてこのインターロッキンググリップに切り替えていったといわれています。

ではなぜこの握り方がプロの間で使用されているのでしょうか。
そのポイントは右手の力を込めやすい点に挙げられます。

スイングの際に右手をうまく使えない人、あるいは右手の力があまりない人にも適した方法といえるかもしれません。
それ以上に左利きの人が右で構える場合に適した握り方でもあります。

実際、インターロッキンググリップを使用しているプロゴルファーの間では左利きの人が多いのです。
握り方のポイントは左の人差し指と右の小指をあまり強く絡ませないことです。

あくまで軽く絡める程度。第一関節が接しあう程度で絡めることがポイントとなります。
あまりこの部分に力を込めすぎるとスイングが不安定になるので要注意です。

あくまで安定したスイング、ショットができるレベルの人が選択する握り方となるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ