ストロンググリップってどういう握り方でしょうか?

ゴルフのスイングはフォームなどさまざまなポイントが重要となってきますが、とくに気をつけたいのがグリップです。
グリップはいわばクラブと体をつなぐ架け橋で、どれだけうまく握るかで力をうまくクラブに伝えることができるか、あるいはクラブをうまくコントロールできるかが決まってきます。
クラブを握り型には大きく分けて3つの種類があります。
ストロンググリップ、ニュートラルグリップ、ウィークグリップです。

この中で初心者がもっとも打ちやすいといわれているのがストロンググリップです。
ではこのストロンググリップとはどのような握り方なのでしょうか。

簡単に言えば左手を上からかぶせ、右手を下から添えるようにして握るスタイルのことを言います。
この握り方だとスイングが安定する上、フックやドローを打つやすくなるのです。

ストロンググリップが初心者に適した握り方とされるようになった背景にはゴルフクラブの変化、進化も重要な要素となっています。
近年のクラブ、とくにドライバーは安定性を重視しヘッドが大型化しています。

その結果スイングの際にブレが生じやすい状況になっているのです。
以前はウィークグリップが主流でしたが、この時代の流れに合わせる形でストロンググリップがクローズアップされるようになっているのです。

両手に適度な力が込められ、無駄な動きを少なくスイングすることができるストロンググリップで右手のコントロールがしやすいのもポイントです。

これからゴルフを始めようとしている人、なかなかショットが安定しない人はまずストロンググリップの正しい握り方から学んでみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ