マッスルバックアイアンとはどのようなアイアン?

現在、アイアンの主流はキャビティアイアンです。
これは使い勝手のよさが最大のメリットで、初心者から上級者まで幅広い層が愛用している状況です。
一方、キャビティアイアンとはちょうど正反対のスタイルをとっているのがマッスルバックアイアンです。
ゴルファーの間ではこのどちらを使用するかでプレイスタイルが分かれるといってもよい状況です。

このマッスルバックアイアンとはヘッドの重量を中央部分に集中させたアイアンです。
キャビティアイアンは重量を周辺に適度に配分することによって打ちやすさを追求しているのに対し、こちらは操作性の高さを最大のポイントとしています。

重量が中央部分に集まっているということはショットのスイートエリアが狭いことを意味します。

その面積は大体50円硬貨くらいとも言われています。
つまりマッスルバックアイアンを扱うためには正確にスイートエリアでボールを打つことができる技術が大前提となるのです。

そのため中・上級者向けのアイアンとなっています。
しかし、その分うまく扱うことができればそのメリットを最大に得ることが可能です。

とくに打感のよさと操作性の高さが特徴で、ボールを理想の距離、位置に打ちやすくなります。
マッスルバックアイアンを使いこなすことを目標に練習を積んでいくのもよいのではないでしょうか。

かつてはアイアンの主流でしたが、キャビティアイアンの登場で影が薄くなっている面もあります。
しかし本格的なスコアアップを目指す際に重要な役割を果たしてくれるクラブです。

ある程度の技術を自負している人は試してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ