ゴルフ道具を車に乗せたままで大丈夫?

ゴルフ道具を車に乗せっぱなしという人も多いのではないでしょうか。
車を使った外出といえばゴルフくらいしかない、あるいはスペースが十分にあるので出し入れする必要がない、出し入れが面倒くさいといった理由でそのままにしているケースが多いものです。
しかし、ゴルフ道具を車に乗せたままだとさまざまな問題が発生する可能性もあります。

まず盗難のリスクで、ゴルフクラブは高価なうえに、中古市場で流通しやすい道具です。
それだけに盗難の被害も少なくないのです。

ゴルフ場での盗難ならゴルフ保険の対象となりますが、日常生活での盗難は対象外ですから、野外の駐車場に車を止めている場合には乗せっぱなしは避けたほうが無難でしょう。

それからメンテナンスの問題です。
ゴルフクラブの環境の変化などによって劣化が生じます。

手元において適時メンテナンスを行う場合とそうでない場合とでは当然持ちが違ってきます。
長く大切に使うためにもキチンと持ち運びしたいものです。

もうひとつ忘れてはならないのがコストの問題です。
ゴルフ道具は結構な重さになります。

これを乗せたままで車を使用すると重量が多くなる分燃料の消費が激しくなります。
燃費のコストや環境への配慮から考えてもゴルフ道具を乗せたままにしておくのは避けたほうがよいということになるのです。

実際問題、決して安いとはいえないゴルフ道具、できるだけ大切に保管したいものです。
車に乗せたままにせず、毎回きちんと出し入れするようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ