ゴルフクラブのヘッドスピードについて

ゴルフボールを遠くへ飛ばすためにはおもに3つの要素が重要になってくるといわれています。
「ボールの速度(初速)」「スピン」「打ち出しの角度」です。
この中でもとくに重要なのがボールの速度、飛距離を決めるファクターの70~80%がこの速度によって決まります。
そしてボールの速度を決定付けるのがヘッドスピードです。

ヘッドスピードとは文字通りスイングの際に生じるクラブのヘッドの速度です。
簡単に言ってしまえばスイングが速ければ速いほどヘッドスピードも速くなり、飛距離が期待できるのです。

当然のことながらヘッドスピードには個人差があります。
大体秒速30m~50mの範囲内となっていますが、トッププロにもなると秒速50mを超える場合もあります。

このヘッドスピードを決めるポイントは腕力やフォームが関わってきますが、どの部分を鍛えれば速度を上げることができる、というポイントがないのも特徴です。

ただ練習を重ねていれば秒速10m分くらいはアップさせることができるとも言われています。
ヘッドスピード測定器を活用しながら練習してみてはいかがでしょうか。

なお、ヘッドスピードは単に飛距離を決めるだけでなく、ゴルフのシャフトの堅さを決める要素にもなります。
つまりゴルフクラブ選びにも関わってくるのです。

速ければ速いほど堅いシャフトが必要となります。
自分のヘッドスピードにジャストフィットしたシャフト、クラブを選ぶ必要があるわけです。

このように、さまざまな面で重要な意味を持ってきますから、自分の平均的な数値を把握しておくことが求められるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ