クラブのバランスって何でしょうか

ゴルフクラブをうまく操る場合、クラブのバランスも考慮に入れなければなりません。
このクラブのバランスとは、スイングをした際にヘッドがどれだけ利くか、もっと簡単にいえばヘッドの重さをどれだけ実感しやすいかということになります。
当然のことながらバランスがよい方が扱いやすいことになります。

このバランスは測定することも可能です。
「14インチバランス測定法」と呼ばれるもので、グリップエンドから14インチの位置を支点にして測定し、ヘッド側の重さによってA~Eまでの5段階、さらにそれぞれの段階を0~9までの10段階にわけて判定されます。

つまり「A2」や「D6」といった数字でクラブのバランスが表されるわけです。
このバランスが重ければ重いほどスイングの際にクラブの重量感を感じやすくなりますし、軽いと感じにくくなります。

注意しなければならないのはこのバランスとはあくまでヘッドのがどれだけ利くかであって、スイングしやすいかの基準ではないことです。
振りやすいクラブが必ずしもその人にあっているとは限りません。

軽すぎるクラブは思うような飛距離やコントロールが難しい場合もあります。

また、シャフトの材質によってもクラブの使いやすさが異なってくる場合もあり、バランス測定で同じ判定がでたクラブでもスチールとカーボンでは勝手が違ってくるのです。

クラブのバランスが役立つのは使用するクラブを選ぶ際です。
自分に最適なバランスの測定値を元にウッド、アイアンを選ぶことで全体的に使い勝手のよいクラブを揃えることができるでしょう。

クラブ選びの際にはこのバランスに関する知識も念頭に置いておきたいところです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフの疑問

このページの先頭へ