大自然を感じながらゴルフが楽しめるチェンマイ

タイの第二の都市であるチェンマイは、北方のバラと称される程美しい古都が建ち並ぶ地域で、工芸の盛んな街でもあります。
また、周辺にはタイ最高峰のドイ・インタノンといった峰々が連なる山岳地帯も見られ、平均気温は25度前後と過ごしやすいため、避暑地としても非常に人気です。
緑が豊かなこの地域では、アクティビティのゴルフを1年中楽しむことができます。

一部を挙げてみますと、「ロイヤル・チェンマイ・ゴルフクラブ」は、設計家のピーター・トムソン氏が手掛けた英国リンクスを思わせるクラブで、渓谷の美しい自然の中にうねりの感じられるフェアウェイがあり、バンカーが絶妙な位置に置かれています。

6,969ヤード、全18ホールのコースレイアウトは、この地域では随一の戦略性とクオリティを誇っています。

「メージョー・ゴルフクラブ」はアップダウンの少ないシンプルな造りが特徴のゴルフ場で、ライチやマンゴーといったフルーツを育てている農園に隣接しており、そうした独特の景観を楽しみながらプレーでき、周辺は雄大な山並みが広がっているので、様々な自然の豊かな恵みを感じられます。

開場したのが2004年と比較的新しいコースですが、プレーがしやすくて良いと定評のあるコースです。
アクセスはチェンマイ中心部からですと約30分で到着できるので、気軽にプレーをしに行きやすい距離にあると言えるでしょう。

大自然の中でプレーが楽しめるチェンマイのコースを、是非訪れてみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ