ハワイ・オアフ島の名設計者によるゴルフ場

ハワイのオアフ島は州の中では人口が最大で、島の南岸東寄りの州都ホノルルには主要施設が集中していますが、東部のワイキキもホテルやコンドミニアムが建ち並び、世界有数のリゾート地として日本人にも親しみがあります。
南国気分を楽しめるオアフ島ではゴルフ場も多数あり、日本のサイトからも容易に予約することができます。
その中からまず紹介するのはコオリナゴルフクラブで、ここはゴルフダイジェスト誌の全米トップ75のコースの一つに数えられ、中級者から上級者向けのコースとなっています。

6,450ヤードPAR72のシーサイドコースでフェアウェイが広く、カートの乗り入れが可能なので快適なプレーを楽しめます。

このコオリナゴルフクラブはワイキキから西に49kmほど離れているので、レンタカーなどの利用をしない場合には送迎付きプランを選ぶと良いでしょう。

また、カポレイ市の中央に位置するカポレイゴルフコースは、6,136ヤードでPAR72と距離は短いですが、1994年の開場以来、1996年から6年間はLPGAのハワイアン・レディースオープンの開催会場になりました。

こちらのゴルフ場もフェアウェイへのカート乗り入れが可能で、GPSも搭載されており、このGPSの表示言語は日本語にも対応しているのが大きな特徴です。

両コースともに「水の魔術師」とも呼ばれた名設計者テッド・ロビンソンによる設計で、巧みに水が配されたコースレイアウトは、一度経験しておきたいコースとも言われています。

ハワイでのラウンドを考えている人は、この2コースを候補に入れてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ