横浜市の由緒あるゴルフ場

神奈川県には50ヶ所以上のゴルフ場が存在しており、全国で第16位の数を有しています。
交通アクセス抜群の横浜市を含む神奈川県の東部には、伝統と歴史ある名門メンバーシップコースがあり、例えば、横浜市旭区に所在する程ヶ谷カントリークラブは、日本で最初の本格的チャンピオンコースとして1922年に発足された歴史の古いゴルフクラブです。

コースの設計は、伝説のコースデザイナーと言われるドナルド・ロスの助手を務めたウォルター・G・フォバーグで、1927年には、日本最高峰の大会である日本オープンの記念すべき第一回目が行われています。

2010年の公益法人制度改革に伴い公益法人のゴルフコースとなりますが、適度なアップダウンや打ち上げ、打ち下ろしといった4変化に富んだレイアウトで、距離が短いながらもプレーヤーを飽きさせない工夫がされています。

横浜市磯子の磯子カンツリークラブもまた、昭和32年の創立以来関東随一のコースを目指して改造を重ね、現在の18ホールが完成しました。

磯子カンツリークラブもプロゴルフトーナメンの開催経験を持つ由緒あるゴルフ場で、クラブハウスは高級感が漂い、落ち着いた雰囲気のフロントやロビーはゴルファーを優雅なゴルフライフへと導きます。

全18の丘陵コースは自然な地形を活かし、絶妙なアンジュレーションとバンカーが効果的に利いています。
名物の8番ホールは、バンカーが大小合わせて15個置かれているので、左右のバンカーを避ける正確なショットが要求されます。

この様な、歴史と伝統が感じられるゴルフ場で優雅なゴルフを楽しんではいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ