長崎県の歴史あるゴルフ場について

長崎県には歴史のあるゴルフ場がいくつか存在し、一番古いコースは1913年、大正2年に開場した雲仙ゴルフ場です。
日本のゴルフ場の中で4番目に開場し、既存するコースの中では神戸ゴルフ倶楽部に次ぐ2番目に古い歴史を持つコースで、日本初のパブリックコースとなっています。
日本初ということで言えば、初めて国立公園に指定された雲仙国立公園内に位置することでも知られ、レストランからは妙見岳をはじめとした景色を楽しむことができます。

コースは9ホールで、ベントのOUTとINの2つのグリーンを利用して、OUT3,015ヤード、IN3,118ヤードのラウンドができるコースとなっています。
ラウンドスタイルは乗用カートを用いてのセルフプレーで、手作りのため細やかなアンジュレーションがあり、自然と一体化したコースが楽しめます。

次に古いのは1955年、昭和30年に開場した長崎カンツリー倶楽部で、9ホールを折り返す形でのラウンドとなります。
5番からの東シナ海の雄大な景色が特徴で、自然の地形が活かされた丘陵コースです。

また、その2年後には、佐世保カントリークラブができ、こちらが県内で初めて18ホールの整ったコースになります。
県内屈指の難しさを誇るホールと言われており、山頂に位置した山岳コースの中でも、アウトでは九十九島を一望できます。

6,783ヤードPAR72のこのコースでは、乗用カートを利用してのラウンドが基本です。

このように、長崎には歴史を持つコースがいくつもあるので、自分の嗜好にあったところで腕試しができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ