鳳凰ゴルフ倶楽部について

群馬県太田市にある鳳凰ゴルフ倶楽部は、東と西のコースに36ホールを有し、自然を存分に感じることができる丘陵コースです。
春には5,400本の桜、秋には紅葉と季節の移ろいを感じ、時折姿を見せる野ウサギやキジなどの動物にゴルファーの心もなごみます。
北関東自動車道の伊勢崎インターから近く、四季折々でコースの景観が変わるこのゴルフ場は、首都圏からの日帰りゴルファーも多く訪れています。

また、オープンコンペも行われているので、鳳凰ゴルフ倶楽部でのプレーをきっかけに交友関係を深める人が少なくありません。
施設にロッジやパーティールームがあり、首都圏からのアクセスが良いので、ゴルフコンペの会場として利用する企業や団体も多く見られます。

コースレイアウトは、西コースは池や谷の多い造りで、アウトがフラットで直線的なコース設計となっていますが、インコースは、谷越えだったりバラエティに富んでおり戦略性が要求されます。

2番のミドルホールは名物ホールで、フェアウェイ中央の古墳越えのティーショットがゴルファーのチャレンジスピリットを刺激します。
一方の東コースは、赤松や雑木林に囲まれた林間コースで、アウトは比較的距離が短く、グリーンの難易度も高めの仕上がりです。

インコースは距離が長く、戦略性の高いレイアウトに仕上がっており、名物ホールの17番ロングホールでは、関東平野を眺められる打ち下ろしで、ドラコン気分でナイスショットをしたくなるでしょう。

全く異なる二つのタイプのコースを要する鳳凰ゴルフ倶楽部は、規模の大きさだけでなく、レストランやパーティールームなど設備が整っている点でも人気のゴルフ場です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ