PGAツアーのスタンダードを実現したムーンレイクゴルフクラブ市原コース

館山自動車道の市原インターチェンジからおよそ5kmと好立地にあり、都心からでも約1時間でティーオフできるセントレジャーゴルフクラブ市原は、PGMグループに入ったことに伴い、2012年11月30日からムーンレイクゴルフクラブ市原コースに名称が変更されました。
コースはPGAツアーの「あるがままの自然を生かす」という設計コンセプトをもとに造られた、世界一流プレーヤーが集うトーナメント対応で、PGAツアーのスタンダードを実現したものです。

ナイスショットには賞賛を、ミスショットにはペナルティーをプレーヤーに与えるような、ゴルフの醍醐味とも言える戦略性の高さを十分に堪能することができます。

また、戦略性を楽しみたいプレーヤーだけでなく、レディスやビギナーにも十分に納得できるよう、全てのプレーヤーを公平に評価するコースレイアウトは、バンカーや池が巧みに配置され、穏やかでありながらも起伏に富んだ18ホールとなっています。

そして、全てのホールに最新のナイター設備を整えているため日没後もプレーが可能で、最新の乗用カートで移動もスムーズです。
コースはオーバーシードを施したエバーグリーンで、250ヤード14打席の天然芝から打てるドライビングレンジも完備しています。

更には、大型液晶画面のGPSナビゲーションシステムを導入し、グリーン面の傾斜や残りの距離、ホール攻略のアドバイスなど、コースを初めて利用する人でも安心してプレーができます。

敷地内には天然芝のフットサルコートとサッカー場があり、他にテニスコートも完備されているなど、スポーツを満喫できる空間になっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ