郊外で自然の豊かさと戦略性の高いコースが楽しめるパインズゴルフクラブ

1989年に開場したパインズゴルフクラブは愛知県豊田市にあり、名古屋市から東に約35km、豊田市中心部から北へ約25kmの丘陵地帯に位置するため、夏は市街地よりも涼しい環境でプレーができます。
コースは6,830ヤードPAR72のフラットな丘陵コースで、グリーンはベントの1グリーンを採用し、ラウンドスタイルはキャディ付きかセルフプレーを選べます。

電磁誘導乗用カートでのラウンドで1組4名が基本ですが、3名の場合には割増料金を支払えばラウンド可能です。

また、施設の一つであるレストランのラインナップは、イタリアンを中心としたレディースランチから、がっちり食べられる牛ロースステーキ重まで多彩で、デザートも充実しています。

コースは有名なピート・ダイのアシスタントを務めた経歴を持ち、世界的に著名な様々なコースの設計にも携わっているリー・シュミットにより2008年にリニューアルされました。

このリニューアルによってよりドラマチックになったのが9番ホールと18番ホールで、どちらのホールにもグリーン近くにクリークと池が配置され、戦略性が高まっています。

アクセスは、車で名古屋方面から来場する際には、猿投グリーンロードの枝下インターチェンジから18kmで約20分、中央道からは瑞浪インターチェンジから24kmで約30分ですが、電車の場合、最寄り駅から約50分かかるため、車での来場がお勧めです。

自然の豊かさとバンカーの形状や樹木の配置にまでこだわったパインズゴルフクラブは、初心者からベテランゴルファーまで楽しめるゴルフ場だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ