東北屈指のチャンピオンシップコースがある花の杜ゴルフクラブ

宮城県黒川郡大衡村にある花の杜ゴルフクラブは、車の場合は東北自動車道大和インターチェンジから約8km、大衡インターチェンジからは約6km、電車の場合、JR東北新幹線古川駅からタクシーで約30分、仙台駅からはタクシーで約45分の所にあります。
宮城の雄大な自然を生かした37万坪の用地内に、42%の自然地帯を残したフラットで広々としたコースで、ゴルフの帝王ジャック・ニクラウスが自身の哲学と美学を注ぎ込んで自ら設計・監修した東北屈指のチャンピオンシップコースです。

過去には公式トーナメントであるJCBクラシック2007や、ミヤギテレビ杯女子オープン(1993年から1997年)が開催され、全てのホールがそれぞれの個性を持ち、印象的で戦略性の十分なコースになっています。

広大な敷地に設計されたコースには、ウォーターハザードやバンカーが各ショットの落としどころを制限するように巧みに配置され、バンカーの砂の広がりで視野を圧迫するものや花道にポットバンカーが深く待ち受けているものなどと造りも多様です。

グリーンはベント芝の1グリーンであるなど、様々なポイントでプレーヤーの心をくすぐるような、そしてチャレンジ精神を刺激するようなコースレイアウトになっています。

クラブハウスには、コンペルームや売店、レストラン、浴場などがあり、練習場には24打席300ヤードのドライビングレンジやバンカー練習場などが完備され、特に浴場は花の杜自慢の天然温泉なので、プレーで疲れた身体を癒すこともできてお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ場

このページの先頭へ